忍者ブログ

フィンランドで暮らすJaKePoの日々。(JaKePo = japanilainen kennelpoikaの略称。)

2018.04┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

[PR]

2018-04-25-Wed 05:46:28 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

作業場の棚№2 (その2)

2009-01-21-Wed 17:09:06 │EDIT
その2です、蟻継の組み手の部分。

右側↓の継ぎ手と   左側↓の継ぎ手
Aritugi01.jpg Aritugi02.jpg

やー汚いですね、左側の継ぎ手のほうが若干きれいにできてます。やっぱり、やる度に、上達はするものです。 組んでみたら、どちらもガッチリと組み合いました、が、やっぱり隙間だらけです。

AritugiAwase.jpg
木工ボンドをコクソ代わりに使って埋めました。

<<反省>>
- 罫書きはきちんと丁寧に。
- 線は、鉛筆ではなく白柿(白引)を使う。
- 鑿は必要以上に研いでおく、また、まめに研ぎなおす。
- 急がず、慌てず、丁寧に作業する。

洋鑿しか持っていないので、今回はそれで加工をしました。それで気がついたのだけど、洋鑿って、裏スキがないせいか、削り面の平面を出すのがすごく大変。和鑿が欲しくなりました…
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
無題
えらく手の込んだことするなー。まあ確かにやりだすと面白いかも。そして一回目より2回目の方ががぜん上手にできる。いろんな事をやってみるといつか大物を作る時にすぐに応用がきく。第一日本と違って硬くていい木が手に入るからいいね。それと固有名詞の漢字が読めないよ。それに「急がず、慌てず、丁寧に作業する」この事をおろそかにすると怪我(けが)をする。
poika2009-01-21-Wed 19:57:41EDIT
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

プロフィール
HN:
OZ-me
性別:
男性
職業:
テストリード
趣味:
色々
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
お勧めリンク


最新記事
(03/14)
(03/11)
(02/22)
最新CM
[07/01 おりおんまま]
[05/31 おりおんまま]
[05/02 おりおんまま]
[03/15 おりおんまま]
[03/14 POIKA]
最新TB
バーコード
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 JaKePo Some Rights Reserved.
http://jakepo.blog.shinobi.jp/%E6%9C%A8%E5%B7%A5/%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E5%A0%B4%E3%81%AE%E6%A3%9A%E2%84%962%20%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%92%EF%BC%89
忍者ブログ[PR]